綺麗な女性

セクキャバで上品を気取ると女の子はやりにくい?

ベッドに眠る

例外がないとは言えませんが、男は基本的にスケベなものですし、若い女の子が好きなものです。特に、わざわざセクキャバに来るような男であれば、平均以上には性欲が強いということになります。それならば、いざセクキャバに行った際は、適度な積極性と主体性をもって、自分から性欲をオープンにしていくのが良いでしょう。これが出来ない人もいて、女の子が横についてくれているのに、自分からは絶対に触りにいかない、喋りにいかない、といったパターンがあります。痺れを切らした女の子の方から、色気を出して誘ってきてくれたのに、そのタイミングでなお世間話などしてムードをぶち壊すパターンもあります。こうなると女の子は逆に気を遣ってやりにくくなりますし、この人はエッチなことはしたくないのかな、などと推測し、それ以上何もしてくれなくなってしまうかもしれません。確かに、初対面の女の子にいきなりキスをせがんだり、いきなり胸を触りにいくというものは、一定の勇気がいるでしょう。ですが、セクキャバの料金にはそういったプレイも込み込みで入っているわけですし、普段やってはいけないそんなことが出来るからセクキャバなわけです。変にカッコをつけすぎず、セクキャバに来た以上は、適度に性欲を明け透けにするのが、お互いにとってやりやすい空気が生まれるでしょう。

セクキャバで遊んで女の子から若いノリを学ぼう

セクキャバでは、横についてくれた女の子といやらしいことをするわけですが、勿論最初から最後までそうだというわけではありません。当然、最初は少しお話する時間があったり、一緒にお酒をやりながら適度に談笑することもあるでしょう。また、いざお触りが始まったからといって黙っていなければならないわけでもなく、その状態からでも楽しい雰囲気を保ち続けることは十分に可能です。このようなセクキャバ嬢とのコミュニケーションというものは、単に遊びが楽しくなるだけではなく、若い子と触れ合う機会の少ないミドル世代の男性たちにとっては、たいへん貴重な場となります。セクキャバ嬢は仕事柄、流行から極端に取り残されていたり、一目見てダサイという状態では務まりませんから、ある程度最先端をいく若年世代であるわけです。そんな彼女たちと対等に会話し、笑わせ、良いお客さん認定されるほどのコミュ力を磨くことが出来れば、職場でも若い子と難なくやりあっていけること間違いなしです。真面目一本やりに生きることも良いですが、時にはセクキャバで羽目を外し、若い子のエキスを存分に取り入れることで、身も心も若々しいナイスミドルとしてあり続けるのも良いものでしょう。

セクキャバで女の子から好かれる客になろう

セクキャバ嬢から好かれたい、ストーカー的な意味ではなくて、あくまで良いお客さんとして出迎えられたいと思うならば、どのように振る舞うのが良いのでしょうか。これは、逆にセクキャバ嬢から嫌われるパターンを考えて、その手の行動を避けていけば、ある程度簡単に達成できるかもしれません。やはり、まず重要なのは清潔感でしょう。セクキャバでは客と嬢の距離はたいへん近いものとなりますから、明らかに臭い、口が臭いなどということになれば、密着するにもキスをするにも苦痛です。最低限のセルフケアは怠らないようにしましょう。そして、話も面白い方が用です。何もゲラゲラと笑わせなくても、楽しく落ち着いて聞いていられるような話であれば構いません、それが無用な説教になったり、あるいは救いがないほどに暗すぎる話になると、聞いている嬢としてもうんざりしてきてしまいます。最後に、適度に飲んで、適度に触った後は、時間がきたら爽やかに颯爽と帰るのが良いでしょう。いつまでもしつこく居座ったりせず、素直にあっさり帰ることで、余裕のある感じが演出され、また来てほしいなと無意識に思わせることが出来るのです。セクキャバ嬢も人間ですから、失礼のない、一緒に楽しく過ごせるような接し方を意識されるのが良いでしょう。

PRESS RELEASE

美脚

おっぱい好きはセクキャバへ

このように言ってしまうのもなんではありますが、男性の多くはおっぱいが好きです。そして多くは、巨…

女性の笑顔

セクキャバで自分だけのお気に入り嬢を見つけよう

セクキャバにはたくさんの女の子が在籍しているのは普通で、店によっては数十、百数にも及ぶことすら…

金髪外国人

気疲れの多い若手はひとりでセクキャバへ行こう

会社勤めの若い男性たちであれば、上司や先輩に連れられてキャバクラに行くこともあるでしょう。女の…

短パン

ノリが良くルックスも良いセクキャバ嬢と楽しもう

セクキャバといえば、キスやお触りが出来る分、普通のキャバクラやガールズバーよりはハードな業態と…